地方公会計・地方公営企業会計のスペシャリスト

株式会社顕成貫|地方公会計・地方公営企業会計のスペシャリスト

お問い合わせ・無料体験はTEL:072-807-4254

IFERROR(IF(D13=””,””,IF(D13>=(F7+H7),(F7+G7)-D13,I7)),””)

皆さま、こんにちは。

 

表題をみると、バグが起きたか怪しいウイルスか…、という感じでページを開くのに二の足を踏まれるかもしれません。

 

上記の式は、総務省の「分流式下水道等に要する経費」の計算シート⑮の計算式(E列13行)です。

 

この式を正確に理解しておかなければ、上記の基準内繰入の趣旨を解釈できませんので、ぜひ今一度しっかりとこの式に向き合ってみてください。

 

特に、「IF(D13>=(F7+H7),(F7+G7)-D13,I7)」のH7とG7が使い分けられていることを、しっかりと理解している事業体はそれほど多くない印象です。

 

エクセルが苦手な方も、頑張って向き合えば難しい式ではありませんし、担当者としてこの意味が分かっていなければ、所管省庁の法令解釈指針を理解していないということになってしまいます。

一覧へ戻る