地方公会計・地方公営企業会計のスペシャリスト

株式会社顕成貫|地方公会計・地方公営企業会計のスペシャリスト

お問い合わせ・無料体験はTEL:072-807-4254

長期前受金戻入相当額を資本金に組み入れることについて

皆さま、こんにちは。

 

利益基調にある公営企業では、長期前受金戻入相当額までを資本金に組み入れているところも多いと思います。

これは何をしているのでしょうか。

 

よくされる説明として、利益剰余金の額を実際に資金に裏付けられた金額にするために行う、ということがあります。…(ア)

 

間違ってはいないのですが、論理を一つ飛ばしているので分かりづらい説明になっていますね。

そして、その飛ばされている論理にこそ、この議決(処分案)が持つ本当の意味があります。

 

ですので、議決(処分案)として提出した主眼が伝わらない上記(ア)の説明は、正しいとは言えないのです。

このような利益処分を行っている公営企業のご担当者は、ぜひ本来的な意味を考えてみてください。

一覧へ戻る