地方公会計・地方公営企業会計のスペシャリスト

株式会社顕成貫|地方公会計・地方公営企業会計のスペシャリスト

お問い合わせ・無料体験はTEL:072-807-4254

統計資料の活用

皆さま、こんにちは。

 

今回は、統計資料の活用についてお話をしたいと思います。

活用といっても、面倒なことはせず、眺めてみるだけです。

 

例えば、総務省の下水道事業に関する概要資料を見てみます。

 

①使用料の状況

公共下水道の使用料水準(一般家庭使用料:20㎥/月)は、平成元年度:1,634円から平成30年度には2,783円と70%程度上がっています。

皆さまの事業では使用料改定はされていますか?

 

また、もう少し詳しく見ると、平成30年度では、1万人未満:3,107円、1~3万人規模:2,908円、3~5万人規模:2,657円、5~10万人規模2,306円となっています。

 

人口規模が大きくなるにつれて、使用料水準が安価になっていますね。

 

②他会計からの繰入状況

 

平成30年度では、各区分の収入総額に対して、公共下水道の収益的収入:30.2%、資本的収入:16.3%の繰り入れを受けています。

農業集落排水事業では、収益的収入:46.5%、資本的収入:49.0%です。

 

皆さまの事業と比較していかがでしょうか?

 

このように、統計は、少し眺めてみるだけでも多くの参考となる情報が手に入ります。

 

なお、弊社クライアント事業には、統計情報の要約と読み方をEラーニングで提供準備を進めていますので、完成しましたらお知らせさせていただきます。

一覧へ戻る