地方公会計・地方公営企業会計のスペシャリスト

株式会社顕成貫|地方公会計・地方公営企業会計のスペシャリスト

お問い合わせ・無料体験はTEL:072-807-4254

第9回(追録) 損益分岐点分析

損益分岐点の問題の少し難しい問題を追加します。

解答は記載しませんが、ご興味があられましたら皆さま方でお考えください。

 

【とある病院の損益分岐点分析】

①収益

・内科  500百万円(患者数:500人、診療科面積:30㎡)

・外科  300百万円(患者数:150人、診療科面積:50㎡)

・歯科  100百万円(患者数:200人、診療科面積:30㎡)

 

②変動費

・内科  150百万円

・外科  100百万円

・歯科   40百万円

 

③固定費

・総額 1,200百万円

 

④基準内繰入

・総額  200百万円

 

以上、①~④の情報に基づき、損益分岐点売上高を計算してください。

(いくつかの考え方がありますので、答えは一つではありません。)

一覧へ戻る