地方公会計・地方公営企業会計のスペシャリスト

株式会社顕成貫|地方公会計・地方公営企業会計のスペシャリスト

お問い合わせ・無料体験はTEL:072-807-4254

第1回 損益勘定留保資金について

皆さま、こんにちは。

 

損益勘定留保資金は現金預金とは違うものなのでしょうか、というご質問をいただくことがあります。

キャッシュフロー計算書で【 資金=現金預金 】となっていることや、資金という言葉は現金預金と結びつきが強いことから、紛らわしくなったりするのだと思われます。

 

損益勘定留保資金は、単なる資金ではなく、「損益勘定」に「留保」された「資金」です。

例えば、下水道の使用料収益で考えますと、お金として入ってきている部分と、年度末月(3月)調定分のように未収金として収益に入ってきているものがあります。

収益は「損益勘定」であるため、現金も未収金もこの「損益勘定」に含まれる「資金」となるわけです。

 

発生主義会計で損益計算をしている以上、収益や費用に入っている現金預金だけをあぶり出すのは煩雑で難しいので、未収金や未払金も資金としてカウントすることにより資金計算を簡単にしよう、という意図等からこのような資金計算を行うことになります。

 

一覧へ戻る