地方公会計・地方公営企業会計のスペシャリスト

福原公認会計士事務所|地方公会計・地方公営企業会計のスペシャリスト

お問い合わせ・無料体験はTEL:072-807-4254

他会計補助金の予算議案

皆さま、こんにちは。

2月も中旬に差し掛かり、少しずつ暖かくなってきましたね。
昨日に引き続き、本日も一つコラムを記載しています。

さて、標題について、予算書議案の他会計からの補助金は、幾通りかの解釈ができないこともないのですが、まずは地方公営企業法に従った素直な解釈により求められる金額の記載を検討すべきでしょう。

しかし、何が素直な解釈なのか、ということは少し難しいですね。

インターネットで閲覧できる予算書を拝見すると、様々な解釈によると思われる記載が散見されます。

公務員試験の時に学習した民法の知識等が役に立つ分野ですので、頑張って思い出しながら解釈してみてください。

一覧へ戻る